40歳から始めるブログ

ウクレレ、ギター、マウンテンバイクが趣味のおっさんブログです。

Killer Exploderを買う。

killer Exploder

買っちゃいました。
LOUDNESSファンでギター弾きは買わなきゃだめでしょう。
先日のLOUDNESS 松本ライブでタッカンのプレイを目の前で見て物欲MAXです。
本当はprimeのサンバーストが欲しかったのですが、予算オーバー…。fascistも持ってるので我慢です…。
このprimeシェイプにサンバーストが最高に渋いと思うのは、一般人には理解できないらしい。

f:id:ax004:20180327154827j:image

 

Exploderの簡単な感想。

ボディ材はメイプル。僕のやつはメイプル3ピースでした。表面から繋ぎ目がハッキリ見えます。裏面は継ぎ目が目立たず綺麗でした…。
メイプルは重い材ですが、極端に重い印象はありませんでした。
ボディカットはprimeと違い3度角は付いていません。ただ、それ以外の斜めカット等はほぼ同じかと思います。
ボディラインカットが面ごとに角度が付いていて、座って弾く際や腕が当たる所が良い感じにカットされています。

ピックアップやポッド類はザグリが入って落とし込まれています。上位機種同様凝った作りです。(背面の舟形ジャックは落とし込み無しです。)

フロイドローズは韓国製の1000シリーズ。オリジナルに比べれば見た目の作りや精度は微妙だけど、激しくアップダウンしても狂いません。
2点支持の個所がそのうち擦れて、精度が狂ってくると思います。
フローティング状態が普通のフローティングよりアップ気味な感じで、アームダウン量が大きく取ってあります。それでも3弦5フレットで1音半位のアームアップが可能です。

f:id:ax004:20180326133553j:image

 

ネック材はハードメイプル。指板も貼りメイプルです。
さらに薄く飴色着色されて光沢仕様です。グリップは一般的なUシェイプで、ハイフレットも弾きやすいです。fascistのディープインサートよりは弾きづらいが…。
ヘッドにはkillerロゴ横に「EXPLODER」。コレ無くして欲しい。

電装系はフロントとリアにkiller製ピックアップ。ボリュームを引っ張るとコイルタップできます。

fascistと比較すると、やはりハイグレードとミドルグレードの差はハッキリします。
ボディ材が違うので、音に関しては比較が難しいですが、丁寧な作り込みのfascistに比べ、細かな個所でコスト削減なexploder。40万と15万の差ですね…。

ヘッドのロゴ以外はお気に入りです(^^)

 

追記

ファシストとキャラが被ってる事に気付き、3ヵ月ほどで売却してしまいました…。